ソウルカフェ巡り|上水(サンス)|Perception/パーセプション

ここは私が見つけたのではなく、夫がホンデに用事があって一緒に来てくれと言われて、どうせならそのエリアで有名なカフェ行こうよ、となり、夫が英語でgoogle検索して見つけたカフェです。

なので日本人に有名というよりは、英語圏も含めて全体的に人気のあるカフェだと言えると思います。

インスタなどで度肝を抜くアーティスティックな天井は、この店の一番の売りなんだと思いますが、確かにずっと見ていたくなる流線型で、狭い店内をより広く感じさせます。

メニューは凝っていて、夫はラテを頼んで、私はSalted Chocolate Latte(塩ココアみたいなの)頼みました。

普通特殊なビバレッジは700円ぐらいする韓国なんですが、ココアが500円って良心的だなぁと好感度があがりました。

紅茶にも力を入れてます。TWGを扱っているので、美味しいモノ提供してますよ感が出てました。

で、来たのがコレなんですが、見た目の美しさだけでなく、今まで飲んだホットチョコ系の中で、ダントツに美味しいココアでした。

上の層は全部甘いクリームなんですが、あー授乳中だし、乳製品だし、生クリームちょっとやだなぁと斜に構えてひと口飲んでびっくり。あの美味しさは忘れられません。

焼き菓子はよくある韓国カフェのラインナップだったので、頼みませんでしたが、もしかしたらすごく美味しかったかもなぁと。

ここは、お姉さんが一人でやっていて、オーナーさんなのか、従業員なのか分からないのですが、二十代後半くらいの物静かな良い雰囲気のお姉さんで、スイーツを接客の合間に手作りしていました。

コの字のカウンターの周りに座席があり、どこからでもカウンターを見渡せるのですが、ずっとここに立って、人に見られながら作業するのってストレスじゃないのかなぁと、お節介おばさんの様な事を考えてしまいました。

でも、手作りで一人でまわしてるって本当すごい!

Scroll Up