秋保温泉でイギリス人と湯巡り〜五つの日帰り温泉レビュー

仙台から宿の送迎で一時間弱、アクセスの良い秋保温泉に

ハネムーンにも行かなかったので、私も彼(イギリス人)も大好きな温泉に二泊三日で行くことに。阪急交通社のツアーで、二万五千円を切る破格のパッケージがあったので、早速予約しました。なんと往復新幹線と夕朝食付きです。

宿泊は秋保リゾートホテルクレセント

秋保の温泉街で唯一といえる洋館ホテルです。他はほぼ旅館。外人を連れていくには好都合です。パッケージでも夕食を洋食と和食から選べました。こちらのホテルはフレンチが有名だそうで、彼も洋食を好むので17時に予約。我が家は夕食が早く、17時から選べるのは嬉しかったです。量は少なめでしたが、仕込みがとても丁寧で、作っている方の気遣いが感じられました。写真は一日目のステーキ。美味しかったです。

日帰り入浴で色々なお風呂に入りに行く

クレセントホテルは、サービスはとても良いのですが、残念ながらお風呂がつまらないです。小さいジャグジーと、だだっ広い風呂があるだけで、とても昭和の造りで、バブルの残骸というか…。なので、秋保の有名旅館に日帰り入浴に行きました。

  1. 岩沼屋
  2. ホテルニュー水戸屋
  3. 華乃湯
  4. 佐勘

岩沼屋。クレセントからのアクセスが良く、佐勘より安かったので選びましたが失敗

結果として、露天はまあまあでしたが、日帰り入浴ではサウナも使用できず、温泉は熱め、子供が洗面ボウルで水泳している、という散々な環境でした。塩素の匂いも強め。何より、ファミリーウェルカムはいいですが、子供のやりたい放題にさせる親を野放しにするのは印象が悪いです。親を監視したり指導するのは難しいでしょうが、子供が温泉のヘリからジャンプして飛び込んでも怒りもしない親がいました。全体的に秋保は放置する親が多かった印象。土地柄でしょうか?

ホテルニュー水戸屋

沢山のお風呂があり、とても楽しめます。お客も多いが、湯船がたくさんあるので拡散する為、混雑しない。お風呂場が清掃が行き届いておりとても清潔。陶器風呂などバラエティに富んだラインナップで、最近のトレンドをしっかり押さえている。ディーもとても喜んでいて、やはり外人にはスーパー銭湯のようなエンタテインメント性がうけるのだなと実感。

がっかりの華乃湯

一番良さそうな庭園風呂が、清掃日!との事で閉まっていました。訪れる日は必ず清掃日は外しましょう。

川沿いの露天風呂は流し場がとても不衛生で、床や脱衣所のカゴも古汚い。浴場の床やドア、パッキンやガラスなど、長い間清掃してないだろうと推測させる汚さ。川からの眺めは大したことなく、滝のように湯が流れるお風呂も、なんだか騒々しく雰囲気を壊すだけだった。もう一箇所利用できた内風呂は、景色がなく、大きな窓から隣の建物を臨む景色。お風呂は大きいが、段差が変な風に高く鋭く設定されていて、お年寄りにはとても不親切に思えた。恐らく二つあったお風呂の一つを潰して、無理やり日本庭園を埋め込んだのでしょうが、インテリアがとても陳腐。また、流し場の排水溝が臭く、頭を洗っている間ずーっとお湯を流していないと我慢できなかった。フロントの対応もとても不愛想だった。中年のおじさんが二人、相手したくないんだよ、という雰囲気を出されて、もう二度と行きたくないと思いました。

高いには理由がある。別格の佐勘

佐勘は他の旅館より日帰り入浴が高め。しかしインフォメーションセンターで貰えるクーポンを使えば、一人約200円オフになります。約2000円の入浴セット(食事付き)を購入し、女将の紅茶というティーラウンジか、食事処で800円までの飲食が可能という入浴券でした。

私と彼は10時ぴったりに行き、地下一階の大浴場で11時半まで入浴、彼が日本食はあんまり好きでないので、大好きなティーのおセットをラウンジで頂きました。

ケーキセットは900円で二種類、チーズタルトかシフォンケーキのみ選べます。ディーはチーズタルトを選び、私は800円のアイスショコラを頼みました。お風呂の後だったので、冷たいものが飲みたい!と思ったのですが、案外氷が多く中身が少なく…飲みごたえがなかったです。味はおいしかったので残念!彼が頼んだミルクティーはカップたっぷりでとても美味しそうでした…

お風呂の後、飛天棟という別棟にあるお風呂にも入りました。大浴場のが広く、開放感がありましたが、名取のお湯という名の大浴場は、サウナがあり、とても空いてたので好きなように使えてよかったです。

トータルで比較して、佐勘のお湯とニュー水戸屋がダントツで良いお湯でした。

ディーも温泉慣れしてきて、湯のテクスチャーがどうだのウンチクを語る様になりました。いい傾向です。こんなステキな二人で楽しめるアクティビティはないですから。

ブログランキング参加中
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
Scroll Up