ライレイビーチAvatar Railay

クラビから陸の孤島ライレイビーチにボートで移動

アオナンビーチも綺麗ですが、ツーリストが多くガチャガチャしています。サンセットを見るには最適、でももう少しのんびりしたいなら、ライレイビーチまで足を運ぶと、もっとタイらしい景色を見る事が出来ます。

街を望んでビーチの一番右端にある、チケット売り場でライレイビーチ行きのボートチケットを買います。片道100バーツ、往復で200バーツです。

8人集まってからでないと出航しないため、朝早くに行きたい場合、待つかもしれません。

私達は12時過ぎに行き、先客がいて待たずに乗れました。

船は砂浜に留めますが、浜辺まで船頭が届かないので、三段くらいのハシゴをかけて、浅瀬から乗船します。スーツケースを持っていた私達は大苦労しました。船の高さが身長弱あるので、足場の悪い水中から重い荷物を持ち上げるのがとても大変でした。

船上の景色は素晴らしいの一言。陸の孤島ライレイビーチに向かいます。

途中でトンサイベイに立ち寄ります。上陸する人も少なく、ヤシの木が茂っていてとてもいい雰囲気。

やっとライレイビーチの西側に着きます。ホテルへは半島を横切る道を歩いて10分ほど。

やっとアバターライレイホテルに着きました。アーリーチェックインが出来てお部屋でひと休み。ヴィラタイプがコスパが良くお勧めです。

二階のベランダから山を見ます。サルがポテチを盗んで逃走するシーンを目撃。

日本ザルではなく、尾っぽの長い可愛いサル。餌は禁止されています。赤ちゃんザルは金色の毛でびっくり。

クラビはロッククライミングが有名です。プラナンビーチに向かう道でこんな景色に遭遇。

海側から見たプラナンビーチ。すごく混んでいます。透明度はありますが、シュノーケリングをしてる人は少なかったです。みんな海に浸かって寝転がるを繰り返す感じ。

プリンセスケーブ周辺でシュノーケリングをしました。ツアーとかでなく、ただ海を泳いだだけです。魚、たくさん見えました。ただ、人が多く荷物を置いておくのが不安だったので、早々に引き上げました。

プラナンビーチ内でロッククライミングをする人も沢山いました。船上に屋台を出しているお店もあり、浜辺でランチをしたり、お昼寝をしたり、基本的には長く居られる場所です。韓国人と中国人のセルフィーの嵐が嫌でなければ…

夕飯は、ライリーで有名なライリーファミリーレストランに行きました。清潔感はないけれど、安くて美味しいタイ料理が食べられます。

観光地ではメジャーなタイ料理しかありませんが、ここでは色んな料理が楽しめます。タイ人ならパッタイでなくパッドシーユーを選ぶという、隠れ人気の麺を発見。

しかも激安。人気メニューはオムレツパッタイですが、迷わずPaad see-Iwを頼みました。

パッドシーユー。うまい。ねっちょりしている。

今回のタイ旅行で何度も食べたが、ここのが一番美味しかった。グリーンカレー

自分では絶対頼まないけれど、意外に美味しかったフィッシュケーキ。エビとアジのツミレみたいな味。

ライレイの夜は、プーケットほどクレイジーではないものの、ジャマイカンな雰囲気のバーがたくさんあって、独特の雰囲気だった。

カンナビスのマークがそこら中に飾ってあったり、確かにヒッピーぽい人も沢山いたし、南の島だからそんな感じになっちゃうのかなー、なんて思いながらシラフの私はビールでほろ酔いのイギリス親父をホテルに連れて帰りました。

翌日の朝、ハエ達との朝食。ビューはあまりありません。フルーツのラインナップもあまりよくない。

楽しかったライレイビーチの滞在。アオナンエリアより何倍も良い。またアオナンに戻り、バンコクに飛びます。

スポンサーリンク
検索
Scroll Up