北京ユナイテッドファミリーホスピタルで24週検診〜糖負荷テスト

8月に中国に戻ってから早くも4カ月経ちます。去年の今頃は中国に疲れてしまって、そろそろ日本に帰ろうと考えはじめた時期でした。現在私は妊娠24週が過ぎたところで、北京での妊婦検診も3回目になりました。前回と同様に北京ユナイテッドファミリーに診察に行きました。

糖負荷テストは妊娠初期に日本で一度受けています。父が糖尿持ちで、高齢出産の私は、見事に糖の数値が高く、念のために妊娠糖尿病でないか調べる検査でした。ちょうど妊娠12週になる頃です。昭和大学藤が丘の糖負荷テストは、甘さ2倍の三ツ矢サイダーを飲まされたような感じでしたが、ここ中国のテストは、生温い水にこれ以上溶けないってぐらいの甘さの砂糖を溶かした液体です。

前日は12時から絶食で、水も飲めません。朝も水禁止だったので、寝起きに簡単に用意をして、タクシーに乗りました。6時半起き、7時前に家を出て、渋滞に巻き込まれて1時間以上かかり、8時過ぎの予約にやっと間に合いました。北京は広いです。

一番最初の予約だったらしく、受付をして尿検査を提出すると、すぐにナースに呼ばれて一度目の採血になりました。ナースはすごく上手で、プスっと刺した感じはありましたが、ほぼ無痛の採血で有難かったです。机の上には小さな紙コップが置いてあり、採血後5分以内に飲んで下さいと渡されてカップを触ると、砂糖でベタベタしていました…この砂糖含有量は恐怖でしかない。

中国のゆるくて良いところは、じゃあ後飲んどいてね、1時間後ね、と目の前で飲み干さないで良いところです。私はこの砂糖水に苦戦するのが目に見えていたので、予めドクターに無糖の炭酸水で割って飲んでも良いか聞いておいて、オッケーが出たので持ち込んだフレーバー付きペリエで薄めて飲みました。

あんまり足したらダメよ、とは言われてましたが、75g砂糖水の水の量は200ccと説明に書いてあったのに、小さいカップはどう見ても100cc強しかありません。あと半分は足しても大丈夫だろう…

また、飲み干した後も水は飲んでもいいですよ、とナースに言われました。日本ではそんな事言われなかった気がするけれど…。同様に糖負荷テストをした妊婦達は、白湯をガブガブ飲んでいます。中国は冷たい物を飲む文化がないので、なんでも常温かぬるま湯、もしくはアツアツです。スタバやウェスタンなレストランはもちろん氷はありますが、人々はまだお白湯文化に生きています。

さて、グレープフルーツ風味の炭酸水で割った砂糖水は、多少飲みやすくなっていました。それでも歯に染みるぐらい甘い、あめぇ、甘すぎる。

一気に血糖値が上がった私は、頭がクラっとなりました。タクシーで来て良かった。もし電車で歩いていたりして、エネルギーを使っていたら、突然のシュガーラッシュで倒れたかもしれません。

無事、ほぼ飲み終えたカップを投げ捨てて、この憤りをどうすべきか、と考えながら、中国人に紛れて座り込みました。1時間後に2度目の採血があります。

2度目の採血と3度目の間に、ドクターとの診察がありました。今回は1カ月ぶりの検診ですが、超音波が含まれていません。別途お願いすると、追加料金が容赦無く発生します、2万円くらいでしょうか…

とりあえずドクターに心配事を話して、超音波はしなくても良いのか?と聞きました。お腹の張りがとんでもなく、いつも硬い状態なので、これは平気なんでしょうかと。先生はそうねぇ確かに固いわねぇ、とは言いましたが、数値は高いけどギリギリセーフだし、前回の超音波は正常範囲内に見えたし、大丈夫でしょうと。心拍数だけ測って、終わりそうだったので子宮の長さだけ内診で確認して貰いました。

私は胎児の心配ばかりでしたが、唇が乾いてるから水が足りてないと、もっと水を飲めと言われました。当たり前なんですけど、そんなただの水を飲む習慣がないので、気合いをいれて量を増やさなければと…

また、血糖値に関しては、ジャパニーズは食生活が優秀なのに、なんでこんな高いのかねぇと、あなたは太ってる方でもないし、いったい何をメインで食べているの?と聞かれ、マフィン、ワッフル、ホットケーキが浮かびましたが、あまりたくさん食べる気がしないので、朝はデカフェのコーヒーとマフィンとかにしてます…と言いました。

彼女は、あー、と考えた後、アナタの旦那さんは確か日本人じゃなかったわねぇ…というので、ハイ、ブリティッシュです。というと、イギリス人のダイエット(食生活一般を指します)はひどいからねぇ、と頷きました。

毎日大量にビスケットを消費する旦那を見ていると、それこそ最初は気持ちわりーなと思いましたが、今はまた食ってるな、ぐらいにしか思わなくなりました。スタバに行ったらラテと一緒に必ずマフィンやケーキをオーダーしますし、隣で太っちょなのに余裕で食べてる男がいると、なんだか不公平だなと思い始めて、私もたまにスイーツを食べます。この、毎日のシュガリーな習慣がいけないのです。

そんな訳で、日本食に戻そうと、思いますが材料がありません。今までは毛嫌いで買わなかった中国産の米やインポートの味噌を買って、ヘルシーな食生活に戻そうと思っています。来週から自家製納豆作りにチャレンジするつもりです。

Scroll Up