北京の公共交通 バス地下鉄に交通カードを買って乗る方法

最近ではUber-ウーバーの中国版Didi(滴滴)が1番ポピュラーな交通手段ですが、年配の人や一般庶民はまだバスや電車(地下鉄)を使っています。

中国語が話せないと、ローカルの交通を使うのはかなり厳しいと思いますが、どんな顔をされても安く移動出来れば良い、という方の為にシステムと乗り方を紹介します。

スポンサーリンク
検索

北京市内のバスの乗り方

バスのナンバーは数字なので分かりやすいですが、停留所の名前は勿論中国語です。簡体字だと同じ漢字でも表記が異なりますので、乗る場所と降りる場所の中国語をメモしておくと便利です。

バスはチケット売りのおばちゃんが同乗するタイプと、運転手だけの場合があります。

前者は、交通カード(スイカやパスモみたいなもの)を持っていない場合、現金で買えるのでいいです。乗ってからおばちゃんに捕まればいいだけです。乗車の際に運転手に何か言われるかもしれないので、汚らしい人民元を手で握りしめておきましょう。あ、こいつ現金で払うつもりだなとわかります。

後者は切符売りが別に居ないので、運転手にどこまで乗るか言わないといけません。停留所を中国人ぽい発音でハッキリ伝えるのは結構しんどい。聞き返されたらメモを見せればいいのですが。運賃は距離によって変わりますが、大抵二元か三元です。

中国のバスは前から乗車し、後ろから降車します。並んでいても、列なんてあってないようなもんです。バスが来たら四方八方から乗り込むので、流れに任せてなだれ込みましょう。

運賃の支払いでモタモタすると露骨に嫌な顔をされますから、予め現金は釣り銭の無いように用意して、二元か三元くらいの金額を箱にチャリンと入れます。

交通カードを持ってると、無駄なやり取りがなくなるので良いのですが、買う時が厄介です。

交通カードを購入する場所と方法について

1番簡単なのは、近い駅の有人カウンターです。大抵どの駅にもひとつはありますので、薄暗くて小汚い有人ブースを探しましょう。フレンドリーな人は一人もいませんので覚悟。

カウンターについたら、まずニーハオと言ってみます。これは、「あのー」「えっと、」「すみません」に繋がる万能ワードなので使ってみて下さい。

そのあと、恐らく、んぁあ?と聞き返されるので「我想办卡」と言います。発音はゥオ シィァン バン カです。正確には四声と呼ばれる発音がありますが、日本人が正確に発音するのは難しいです。聴き取ってもらえなかったら、上記の中国語のメモを見せれば大丈夫です。

交通カードはデポジットが20元。恐らくデポジットに関して何か言われますが、20元出せば相手の言ってることが聞き取れなくてもオーケーなので、あとはいくらチャージするかです。

中国語でチャージは充值と言います。ピンインはChong-zhi.カタカナだとチョンジィみたいな感じです。

ミニマムチャージは20元からで、これより少ない金額は絶対に出来ません。私はキャッシュが足りなくてゴネた事がありますが、中国のダメは天地がひっくり返ってもダメなので無駄です。

英語が伝わる事はまずないので、中国語で頑張りますが、自信がない場合は、メモと現金を台に叩き置けばいいと思います。

『交通卡 押金20元 充值20元 』これを書けば購入出来ない事はないと思います。意味は、交通カード デポジット20元 チャージ20元です。40元と共に出しましょう。

北京の地下鉄の乗り方

さて、駅入り口に入ると、必ずセキュリティチェックがあります。カバンはポーチのような物でも全てX線に通します。厳しい駅では液体物を別途センサーにかける場合があります。

セキュリティが終わると、改札を抜けホームです。北京の地下鉄では、携帯のQRコード決済、交通カード、現金で切符を買う、の3種類のオプションがあります。

自動券売機は日本の様にジーニアスでないので注意。中国は何をするにも時間がかかります。一元紙幣は使えないマシンがありますから、コインが無難です。

ホームでは時刻表はなく、テレビの様なモニターで次の電車が何分後に来るか表示しています。

来たら乗るだけですが、乗り換えをしなければならない時は時間に余裕を持って出かけましょう。北京の地下鉄は構内がバカでかく、通路がハッキリ区切られていて、遠回りしないといけないこともたくさんありますので。

日本のように整備された鉄道に慣れてしまうと、デカイだけで全く整っていない設備に呆れてしまいますが…まぁ日本は素晴らしいということです。北京に来たら是非ローカルに紛れて電車に乗ってみて下さい。

ブログランキング参加中
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
Scroll Up