バイリンガル子育て

名前はかっこいいですが、うちの子はバイリンガルになれるのか?もちろんそうなって欲しいですが、こればっかりは娘次第、あと親の努力次第…

北京の知り合いは国際結婚のカップルが多く、ママが日本人だと、日本語はどうしているか?がよく話題になります。家でも英語の場合、子供は異国でどうやって日本語を習得するのか。答えは結構簡単で、ママが日本語をしつこく話す、だそうです。

同じ国にずっといる家庭は割と簡単で、かつ日本人学校に入れるのが一番手っ取り早いそう。でも転々と国を移動する家族は、その度に現地の言語に触れるため、両親の言語以外は難しいと。なるほどそうだと思います。しかし第三国にいるなら、親の言語ではない第三の言語を習得して欲しい、と思うのも理解できます。

北京のインターナショナルスクールに通う子達は、学校では英語ですが、殆どが中国人のため、聞こえてくるのは半分中国語です。子供が小学校に上がる頃に第三国の学校に通わせれば、三つの言語を操る事も不可能ではないのです。中国人の教育熱心なママの知り合いは、あえて娘をフレンチスクールに通わせていると。パパはイギリス人で、家では中国語を話すそうです。幼稚園に上がったばかりのその娘さんは、フランス語をポロポロ話すそう。すごいなぁと思いますが、言語はもっともっと複雑で、もちろん幼少期には吸収は早いけれど、使わなければ忘れるのも早いと。また、ひとつの言語をマスターしない限りは、次言語を操るのは不可能という人もいます。

聞く話すだけでなく、読み書きもとっても大事です。家庭内で日本語でコミュニケーションが出来ても、漢字が読めない、書けないというバイリンガルの子はとっても多く、うちもそうなりそう。

娘に何語で話しかけられても、絶対に日本語で返事をする、を徹底すれば、きっと彼女も聞き取りくらいは出来る様になりますが、漢字の習得は、親子での相当なコミットが必要になります。

子供が出来てから、自分の幼少期をよく思い出しますが、小学校1年の漢字と、6年生の漢字の画数の違いは顕著でした。義務教育何年もかけて蓄積するデータを、母親が自ら教えるのはとんでもない労力です。私に出来るかな…と

別の観点からは、昔勤めていた会社は外資系企業でしたが、英語が出来ても、ビジネス日本語が完璧以上に出来ない人は、表舞台に立たせて貰っていませんでした。海外で本気で働くなら話は別ですが、英語が完璧な人材でも、日本語が少し足りない人は日本の市場で生き抜けない為、評価が低かったのです。ではうちの娘は将来どんな仕事に就けるのか?日本で就職する可能性はあるのか?随分先の話になりますが、正直分かりません。そんなに日本語は甘くないのです。

うちの夫は全く日本語を話さない為、娘には勿論英語で話しかけています。いい加減な子守唄も英語、私には話しかけなくても、娘にはよく話しかけている。

変なあだ名をつけるのが好きな彼は、娘をチャニマルと呼び、なぜかチャナーズに変化し、その後はスクエアヘッド、チャンボワンバ、と日々変わっていき、私だけ一貫性を持ち名前を呼んでいますが、あんなに呼び名が変わったら、自分がなんだか分からなくなりそう。あと、スラングが多いイギリス人なので、娘が悪い言葉をピックアップしないか心配しています。

Scroll Up