イギリス人と日本人女性のカップル

なぜ外国人男性と日本人女性なのか

うちはイギリス人男性と日本人女子のカップルですが、最近は近所で、アメリカ人と日本人のカップルをよく見かけます。話している英語のトーンで、アメリカだなとわかります。日本人と外国人のカップルの場合、圧倒的に女性が日本人が多いです。

ニュージーランドに留学していた時は、街中で日本人の女の子に会うと、なんでここにいるの?何をしているの?とよく聞きあったものです。留学生であれ、現地に住んでいる人であれ、それぞれ歴史と目的があって外国に滞在していて、日本人女性のバイタリティというか、その柔軟性・順応性に驚いたものです。

現地人男性を捕まえてお金を貰って同棲している主婦のような人もいましたし、日本人の旦那さんとニュージーランドで永住権を取って暮らしている方もいました。

個人的な印象ですが、新しい土地や新しい場所に適応する能力が、女性のが長けている気がします。勿論全ての女性がそうではありませんし、全ての男性が柔軟でないという意味ではありません。でも男性は割と変化に弱く、コミュニティ形成も保守的な気がします。

一方では、世界一周旅行にバックパッカーで行ってしまうのは男性が殆どな気がします。女性は家庭を作る上では保守的になりますが、それまでの、人生の経験を得るというジャーニーでは、非常に奔放で、積極的に海外に出ている気がします。これは恋愛にも同じことなので、やはり日本人女性が海外の男性とお付き合いする比率のが多くなるのだと思います。

アジアの男性の好み

ニュージーでは日本人男性とフラット(マンションをフラットと言います)をシェアしていましたが、彼らが好きになる子や昔の彼女等はみんな日本人で、外国人の女性はちょっと…という人が多かったです。

外国の女の子は大柄な人も多いので、そういうのも少しはあるかもしれませんが。

中国人の男の子たちも同じことを言っていました。私の元彼や元旦那は中国人で、中国の男性の好みは割りとよくわかっているつもりです。ニュージーにいる中国の男の子達は、金髪の子を見ると、綺麗だとは思うけど自分と同じヒトだとなんだか思えない…

やっぱり黒髪の子が良い…日本人の女の子は一番いいよね、韓国人はちょっと…、フィリピンとかタイはなんとなく違う感じがするし…

これは一人の意見ではなく、結構みんなこんなこと言っていました。中国の男性は、日本・韓国・中国を一括りとして見ているようです。

日本人もそうですが、やはり、アジアの男性は割と保守的なのかもしれませんね。

アジアの女の子が好きな欧米人男性には気を付ける

私たちは、日本人であることを特別だと思っている節がありますが、というより、中国や韓国と一緒にはならない、文化や食や語学が全然違う!と思っていますが、欧米の男性にとって、アジア人女性はアジアンでしかありません。アジア人が好きな欧米人男性は、癖があることが多いので注意です。

本国でモテないだろうと思われる風貌でも、英語が話せるというだけで日本では女の子が寄ってきます。

本人がとても素敵なら、本国に相手がいてもおかしくない、というところから入りましょう。それは日本でも同じで、素敵な人には誰かしら相手がいるものです。その人が見ためも良くシングルなら、なぜ自国に彼女がいないか、なぜ日本人が好きか、深く付き合う前に探ってみるのもいいかもしれません。

日本の侍文化やお城、カルチャーに興味があり来日し、日本人が好きになった、という流れは最も理想的、というか納得がいきますが、外国人から見た日本人の女の子は、結構浅はかな印象だということを認識しましょう。

『日本人の女の子ってスクールバスって呼ばれてるんだよ』

ニュージーランドで、現地の人にこんな話をされたことがあります。

スクールバスとは、いわゆるフリーライドです。乗り降り自由、簡単に遊べるという意味です。少し試しに付き合ってみたい、というノリだったらいいのですが、真剣に交際をして、結婚して家族を持ちたい、と考えているのなら、出会う場所や交際のプロセスも慎重になったほうが良いと思います。

いい例ですが、私の彼やイギリス人の友達は、よっぽどのことがない限り六本木に近づきません。私も彼と付き合うまでは、六本木は外国人が沢山いる場所、という程度の印象でしたが、外国人にとっての六本木は、たちの悪い外国人が飲んだり女の子を引っ掛けに行く場所だそうです。自分が逆の立場だったとして、考えてみましょう。ニュージーランドのオークランドにアジアンバーがあり、そこにはアジア人好きの白人が集まると聞いたことがありますが、私は行きませんでした。そこで出会って関係を持っても、建設的なリレーションシップになるのは難しいだろうなと思ったからです。

外国人だからってみんな素敵な訳ではない、よく顔を見極めましょう

よくよく外人を見て、慣れてくると、一人ひとり違う顔立ちだとわかるようになります。

ロシア人やオージー系、イタリア系やジャーマンなど、一見すると一括りの外人ですが、顔はずいぶん違います。逆も同じで、西欧人にとって、アジアの顔立ちはみんな同じなのです。

私の彼の友達に、もし成田空港に迎えに来てくれても、アジアの顔はみんな同じに見えるから、あなたのことわからないと思う、と言われ、カチンときました。

何人であっても、慣れてくるとそんなに素敵に見えなくなるものです。冷静に判断し、パッと見でどんなに素敵な人でも、一定の期間を持ち、お付き合いに発展する方がよいと、私は思います。

究極には、結婚や同棲に、顔はあまり関係ありません。

私の彼は、お世辞にも素敵ではありませんが、グッドハートの持ち主で、それが一番の魅力であると思っています。

ブログランキング参加中
スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
Scroll Up