北京朝阳エリアのおいしいカフェ

旦那(British)の趣味はステキなカフェを探すこと。

北京でも引き続きカフェ巡りをしています。今回は古耳咖啡-(gu’er)-グゥアルコーヒーに行きました。

イギリス人読みではギュエルコーヒーみたいな感じです。

漢字では古耳と書きます、音だけでは想像もつかなかったのですが、お店の看板をみてやっと中国語名がわかりました。

行き方→地下鉄枣营(ザオイン)駅から朝阳公园の方に出ます

南方向に進み、公園とは向かい側の通りの清境明湖というマンションの横の道を入って、碧湖居南路を進むと、ガード付きのマンション、皇石国际公寓があるので、中に入ります。

少し勇気がいりますが、中はビジネステナントもあるので大丈夫です。

入ってすぐにバーがありますがその手前のエスカレーターを下り、直進すること200m、突然カフェが現れます。雰囲気は、オシャレになるようにすごく頑張ってるけど、ちょっと韓国的な要素もミックスしてしまい、kawaii雰囲気のキャラや装飾物がクールな空間をノスタルジックに変えてしまった、しかし中国としてはかなり上級な印象です。

ラテはかなり高いけど、価値のある味

良い豆を使っているのがわかります。香りが全く違い、飲んだ後も雑味がなく、フルーティな香りが残ります。

やりますね、古耳。旦那もかなり気に入っていました。WiFi完備。シートも清潔で美しい。

メニューには何やら面白そうなドリンクがあります。チャプチーノとはお茶の濃い出しでしょうかね。

何個か謎のメニューを店主に聞いたのですが忘れちゃいました。確かシャドウはダブルショットにアイスミルクだったかな。

またケーキもあります。なかなか美味しそうでしたよ。お店にいる人もお行儀が良かったです。

もうひとつのおススメ-望京駅近くの凯德MALL-Capital Mall

キャピタルモールは綺麗に整備されたショッピングセンターで、色々なテナントが入っています。

最寄りの駅は阜通fu-tongです。駅を出て目の前にあるので分かりやすいと思います。

その中にあるカフェが、チェーン店ですが綺麗で色々パンがあり楽しめたので紹介します。

Paris baguette-巴黎贝甜-パリバゲット

韓国では一番有名なパン屋チェーンで、私もソウルで何回か利用しました。

ですのでバリバリの中国資本店舗ではなく、日本のテイストや中国のテイストも混じり、アジアのオシャレパン屋という感じです。

座席はレストランの様になっています。カフェアダージョと書いてあるのは何故だろう。

パリの名に相応しくペリエが売っていました。外で飲食する分には経費が落ちるので高い物も飲ませて貰えます…

どれも美味しそうでした。私はあまり外食が好きでないので、味見して終わりでしたが、相方は喜んで食べていました。

Scroll Up