中国人セミ食べる〜からのメランコリー

母親からのメールで、あんたんとこの人達、公園でセミ掘って食べてるらしいわよ、と連絡がある。

衝撃的なニュースだったが、そういえば食べるかもな、と思って放置。しかし最近中国でネットショップをするようになると、様々なびっくりフォトがポップアップしてくるようになり、中国人の嗜好を思い出した。

雄鶏まるごとですが、リアル過ぎて言葉を失う。

美しく撮影してるつもりか?何かしらの臓器。わざわざ半分に割らないで欲しい。

羊、の雑物でしょうね。こんだけ五臓六腑出されると食欲が吹っ飛びますね。

渦巻き蛇、の大量干し。お酒なんかに入れるみたいです。ヘビは苦手だけど、気の毒過ぎる。

よくあるサソリです。この写真が一番キモくなかった。努力の結果がこれです。

骨髄。昔、前夫(中国人)と彼の友人達と食事に行った際に、私以外の皆様がよく煮た骨髄の真ん中にストローを入れてチューチュー啜っていたのを思い出しました。悪夢。

箸休めにキウイです。なんでこんな風にむしるのかね?半分カットのがよっぽど見た目よくねーか。

出ました。野生、揚げたてみたいな感じですかね。日本で捕って中国に輸出してたら許せないですね。

私はセミは苦手ですが(嫌いではないです、うるさいのと死ぬ前にジタバタするのが見てられなくて)でもすごく同情するんです。長く地下に眠っていて、短い期間しか外に出られなくて、一生懸命ミンミン鳴くけれど、自己主張が強すぎるから捕まって子供の夏休みのおもちゃになっちゃうし、なんか図体大きいけど蝶の様に綺麗でないし…

日本にいる時は、食後にディーとよく散歩しました。日本では四季がありました。桜や蝉やコオロギや雪など。今年はディーは北京でしたが、北京ではセミを殆ど見ないと言っていました。食ってたのかな。

一時帰国してた際に、日本で住んでいたマンションの近くの、いつもの散歩道を一人で歩きました。そこで過ごした二年間、近所の景色、彼との愉快な散歩道。私は日本を離れたくなかったなと思いました。

横断歩道の近くの、ライトに煌々と照らされた手すりに何かぶら下がっていて、よく見ると脱皮しているセミでした。その薄緑の儚い姿が心配で仕方なく、10分後に大丈夫か見に行きました。まだ居ました。

触ったらダメだろうと思って去りました。私は動物や昆虫や魚の死がだめです。かと言って完璧なベジタリアンでは無いのですが…出来るだけ自分が必要以外の摂取はしないよう心掛けています。それは以前、中国人の旦那と中国に住んでいた際の、動物に関するトラウマが大きな原因になっていて。

焼肉とかサーモンとか、もちろん好きですし食べる時は食べるんです。

でもこの飽食の時代で、酒のつまみにセミ美味しいから喰おうってのは、グルメとは違うと思うんです。だからってサキイカならいいのか、という話になりますが。自分達が食物連鎖の頂点にいるからこそ、食楽の為だけに、捕食しなくてもいい種を殺生するのは辞めて頂きたい。

Scroll Up