中国の宅急便/配送のひどさが目に余る

中国の宅配がひどいのは有名ですが、実際に体験するとびっくりを通り越して愕然とします。

中国では、余程しっかりした宅配会社以外、玄関の床に投げて業務完了します。ノックもしないので気付かない事が多く、何時間も軒先に放置、なんて日常茶飯事です。

因みにしっかりしている宅配便はEMSと顺丰。でもネットショッピングでは宅配会社を選べないので、どの宅配便が来るかは博打に近い。

どこの国も同じだが、配送人の給料は安く長時間労働。配送車はオモチャみたいに小さく、荷物を詰めこむだけのファンクション。

道端でよく見る光景ですが、やってられねーと言わんばかりに、荷物は道路にばらまかれます。蹴ったり、投げたり、荷物は虐げられます。

りんごを買った時、箱が潰れて中が押しつぶされていた 

この時はもう諦めて傷んでいたりんごをお菓子にしました。

しかし余りにもひどい損失の場合、カスタマーサポートにコンタクトします。下の写真はシャワーフック。浴室のタイルにも貼れるシール式ですが、外箱が潰れていて、中はコレ。

連絡し、写真を送った瞬間に新しい商品を送ると言ったショップ。

折れ目がつきすぎて修復不能。

壁にシールでフックを貼る発想自体が間違いだったか?

加湿器を購入して外箱を開封したら発泡スチロールがボコボコ

購入したショップに連絡して、中の包装がぐしゃぐしゃだったと言う。

店「えっと、配送の人が外箱を押し潰しちゃったんだと思います。」

私『いや、外箱に傷は無かった。中の発泡スチロールが割れていた、しかも誰かが使った後でしょうコレ?水入れるところに汚れが付着してたんですけど。』

店「いえ、私達は新品しか送りません。きっと検査員が起動するか確認して、拭き忘れたんだと思います。」

中国人の特徴だが、まず謝らない。謝ったのを聞いた事がない。日本のようにとりあえずスミマセンを言うのも、良いのか分からないが、クレームをつけて相手が開き直ると呆れて何も言えなくなる。

とりあえず、新品に交換してもらうことになった。交換してくれるのだから、使用品を売りつけたのを黙認しているのだろう。

中国のネットショッピングと配送業者には気をつけないといけない。

Scroll Up