胚移植当日と翌日@オーク銀座レディースクリニック⑩

五日間のプロゲステロン服用が終わり、ついに移植日を迎えました。当日はお風呂禁止なので、朝からサウナに入って汗を流し、毎日の日課のウォーキングも済ませました。こうやって書き出すとストイックだなぁと思います。

激しい運動は採卵周期から辞めました。前は1時間半くらい走るのが大好きで、氷をたくさん入れたスポーツボトルから、冷えた水をがぶ飲みしながら走っていました。毎日2時間くらいサウナに入っていたし…思い起こすと、妊娠しにくい習慣だったなぁと思います。長時間のランニングは子宮に良くないらしいし、卵子が高温に弱い事も後から知りました。悲しいですが当分サウナは封印します。

クリニックから、尿をためるように言われていたので、お昼からトイレを我慢し、さらに水分をとって移植に備えました。着いたのは指定された20分前の2時でした。だいたい時間通りには運ばないので、そんなに慌てて時間前集合しなくて平気です。

中待合からリカバリー室に通されて、下半身だけ裸になりガウンを着て待ちました。

培養土さんが来て、卵の説明をしてくれました。カーテン1枚で至近距離に隣の患者がいるので、丸聞こえです。デリケートな内容だからプライバシーがもっと欲しい…。

解凍した4BBの胚盤胞は、縮んでいましたが、大丈夫とのことでした。何に時間がかかったのかわかりませんが、だいぶ待って実際に移植したのは3時近くになっていました。

歩いて手術台に上り、簡単な消毒のあと、なんかがグッと入ってきました。いつもの男の先生でした。多分院長ですが、マスクとカバーを被っていて、よく分からなかったです。電気が消えて、超音波を子宮の上あたりに当てて、チューブがまず挿入されました。グッとくるやつのがよっぽどタイトだったので、チューブは全く気になりませんでした。

隣の部屋では別の作業が進んでいて、チューブが用意された後に、ハイ卵行きますよー的なやりとりが医師と培養土(もしくは看護師さんかな?)の間であり、併設された隣の部屋から卵が医師に渡って、チューブからチュルっと入るまでは2,3秒でした。ここの過程はデリケートな胚盤胞にとって大事なんでしょう。卵は液体とともに注入され、その液体が白く映るので、モニターで入るのが確認できました。

その後は安静にせずに、すぐに起き上がって、歩いてリカバリー室に戻り、服を着て待合室に戻りました。10分ぐらい横になっても損はないのに、と思いましたが、このクリニックの方針なので仕方ないですね。ちょっと安静にして帰りたい、と言えばできるみたいでしたが。

その後は普通に歩いて駅まで行き、1時間電車に揺られて家に着きました。何となく身体に良いことをしたくなり、自分でご飯を作り、タンパク質をしっかり摂って、デザートはキウイにして食後はゴロッとしていました。

どっかのウェブサイトで、笑いが妊娠率を上げる、とあったので、YouTubeでおバカな映像を見て笑って過ごしました。

こんな人ジムで見たら引くわー

移植当日の夜は、何も変化がなく、就寝は12時前で朝は8時まで寝ました。起きたら左頭が痛い。

もし妊娠したらコーヒーもデカフェオンリーになるなーと思い、最後のコーヒーをと思ってドリップで淹れましたが、いつもは一気にがぶ飲みしちゃうのに、あまり進まずに半分でやめてしまう。

なんか変だな、とは思いましたが、ただの想像や期待で妊娠初期の様な症状が出ることもあるので、気にせずジムに行きました。

トイレに行くと、すごく薄い色の茶色のおりものがでていましたが、まぁ気にしない気にしない。

1時間歩いて、ダルくなってしまいストレッチコーナーで座り込みました。いつもは暇だと2時間くらい有酸素運動をするので(超軽負荷です、動画見ながらタラタラ歩く程度。)なんだか身体が違うなぁーとは思い、でも気のせいかもしれないのでケツのトレーニングを。激しい運動はダメでも、ストレッチや軽度の筋トレなら平気でしょう。

しかし四つん這いや前屈の姿勢で胃がグッときて、気分が悪くなってしまったので、まー今日はこれぐらいにするかとジム終了。気分が悪いので持ってきたビスケットをかじってお腹に物を入れたらだいぶよくなりました。乾いたクッキー系は、普通なら飲み物が飲みたくなるものですが、今日はなんだか唾液がよく出て、乾いたモノの方が良く感じました。

お腹の痛みはさほどなく、たまに生理痛のような腹痛があって、アタタタとなりましたが、ずっと続く訳でなく、大人しくしていれば平気。

胚盤胞移植だと、移植から1〜2日で着床です。着床の為に中で動きがあるとすれば、少しは症状が出るのは普通ですね。山場は今日かな?夫もBB4(4BBのグレードだったのでスターウォーズのBB8から頂きました)の動向は気にしていました。とはいえ電話を2回した程度。クリニックは同伴のパートナーばかりでしたが、私は1人でも意外と平気でした。人間は強くなるもんだなぁと。

Scroll Up