ゲイ☆ナイト~外国人のゲイに会おう

夫:「今週の金曜日はゲイナイトだから!」

来ました!ゲイナイト!ゲイのお友達と共に飲みに繰り出す日の事です!夫「みんなアナタニ会いたいって言ってるから、来てね。きっとクレイジーで楽しいよ。」彼の職場は至ってまともなのですが、同僚にゲイが多い。ひとつの職場にそんなに固まることもないとは思うんだが、恐らく仲の良いゲイが3人ほどいて、みんな綺麗でいい人たちなのです。彼のお気に入りのゲイにはブルーボトルコーヒーでばったり会って、やっぱオシャレなゲイは飲むコーヒーもしゃれてんだな!って思いました。ゲイの皆さん・今はやりのいわゆるLGBTに関しては、まだ偏見はあると思いますが、私はとても好きです。ちなみに6色のレインボーのフラッグはゲイをサポートする意味です。ゲイの皆さんは清潔で、いい匂いがし、髪型がneatで美しく、大体オシャレです。そして、女らしくない女性よりよっぽど所作が女らしい、可愛らしい。男に女の悩みが話せるのも最高の利点です。イギリス人の姪の親友もゲイ(レズビアン)だそう。イギリスにはゲイはとっても多いんだそうです。

実際に行ったゲイの多いバー(新宿)

アイイロカフェ

新宿二丁目にあり、鳥居のモチーフが店頭にあり目立つのですぐわかると思う。私が行ったころには外人客で大賑わいで、ココドコ?という感じでした。外国人の割合は半分以上、ゲイの割合も半分以上。どうやって見極めるのか、私は「ゲイダー」がそんなに確かでないから、姪っ子にあの人どっちだと思う?と聞いていた。とても素敵なモテそうな日本人男性がいたのです。自分は結婚しているし、他の男に興味があるわけではないが、なんだかおばさん根性であんなカッコイイのにゲイなんだな、とちょっと知りたいわけですね。姪のゲイダーはかなり正確らしく、「あっちの壁際に立ってる人うちらのこっちの人ファンシーだよ」などと教えてくれた。ファンシーはイギリス英語で、「好き」の意味で、「like」より頻繁に使う。「Do you fancy her?」なんてセリフは、付き合う前の男女で男側が他の女の子に興味を示して、女の子が「あの子の事好きなの!?」っていうようなシチュエーションでよく出ます。私たちの友人を気に入っていると思われる男性は、確かにじっとりと彼の事を見つめていました。キャアァ。よくよく見ていると物色している男性がたくさんいます。

中国人のゲイに一晩どうですかとその場で誘われた彼の同僚…

ふらっと立ち止まった中肉中背の男性は、少し挙動不審で、私が一番傍に立っていたけれど私には見向きもせず、美しいAさん(サウスアフリカ出身白人男性)のところに直行しました。なんだか会話をしてたのはわかったけれど、Aさんがもう散々!!とプリッと怒って帰って来たので、どうしたの?と聞くと、「中国人のゲイが一晩寝たいって言うから、あっちの奥の細道の方にそういう店あるから行って!っていったのぉ!」とおかんむり。ゲイの方は結構ストレートに関係に入る人が多いらしい(聞いた噂ですので!あしからず)ですが、さすがにコンニチワもなしに一発どうすかは、直接すぎますね。

あちらこちらにドラッグクイーンが…写真をねだる群衆も

びっくりするようなお召し物を着た方がたまにひょろっと現れ、目を奪われます。ここは違う文化なんだ、とあらためて思いました。彼や彼女らの居場所なんですね。写真を撮ってくれる人もいれば、断る人もいます。そりゃーそうですよね、プライバシーですから。ディー(イギリス人・旦那)の同僚の女性で、しつこく写真を求めた子がいたのですが、ちょっと配慮に欠けるな、と思ってしまいました。目立つ衣装を着ている人たちにとっては、商売かもしれませんが、「見世物」ではない気がしたのです。と、物思いにふけっていると、ゲイのお友達が日本人のとっても若い男の子たちに話しかけています。ストレート達のグループは、それを見て「おいおいおいおい」と内輪で突っ込んでいます。ありゃーイリーガルなんじゃないの?というぐらい若く見えましたが、すれすれ20歳。大学生で初のゲイバー体験だそうです。話しかけたアメリカ出身のBさんは、「もーチョーかわいいのー!話し方とか仕草とかフレッシュすぎるー!食べちゃいたいー!」と言っています。危ない危ない、危険がJボーイ達に迫っています。もう成人なので、彼らの自由ですが、しっかりと見極めて関係を持たないとね!ババ心で私も話しかけてしまいました。英語学科で生の英語が勉強したかったそうです。スラングはたくさん勉強できるけど、酔っぱらった外人はまともな英語しゃべらないYO。

Jボーイズ達を引き連れて次のバーへ。ゲイナイトは明朝まで続く…

私はもともと人混みがだめなので、なんだかお腹いっぱいになってしまい21時過ぎに先に帰り、ディーは11時半ぐらいに二丁目を出たそうです。姪はオールナイト、20代のエネルギーはすごい。Bさんは二軒目のバーでJボーイズとダンスを楽しんだようです。彼らがBの餌食にならなかったことを祈る。。。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up