イギリス人彼をどうやって結婚に向かわせたか

日本人に生まれたらもつであろう結婚観とのギャップ

結婚は日本人にとっては至って普通の、でも人生必須のイベントで、最近ではシングルを選ぶ人もいるとはいえ、多くの人は人生設計の一つに、結婚というイベントを組み込んで計画していると思います。外国人にとって、結婚は必須イベントであるかどうか、それはもちろん個人の考え方によりますが、日本ほど当たり前になっていないかもしれません。私の親しい友人でシングルマザーがいます。彼女が言う、日本でシングルマザーをやっていて大変なことの一つとしては、極端に同情されたり、逆に白い目で見られたり、いわゆる外部からの目が気になる、ということだそうです。因みに彼女のお相手はアメリカの方で、結婚せずに子供を持ち、別れた後、帰国して日本で一人で子育てしました。海外では、このように結婚しないで子供を持つことはよくあることで、戸籍というシステム自体が存在しない国が殆どですし、結婚すること自体にメリットを感じない人も少なくありません。私の彼(イギリス人、名前はディー)もその一人です。彼は昔の彼女と二人の子供をもうけましたが、お付き合いしているうちに、このまま関係を続けていくのは無理だ、と思い別れたそうです。彼の結婚観はとてもネガティブで、結婚は面倒なことばかりで、お金もかかるのに、別れるときに大変でいいことがない、といいます。この部分だけ聞くと、なんて男だ!と思ってしまいますが、人の考え方はそれぞれ。そこを少しでも受け入れられないなら、同じ考え方を持つ人を選ぶべきなので。

バツイチになってからの暗黒の30代前半

では私はどんな考えの持ち主か。私は東京に生まれ東京に育ち、普通に大学を出て、普通に就職するのに疑問を感じ、フリーランスの仕事とスポーツを真剣にやり、20代後半に燃え尽きました。燃え尽きたものは、私のスポーツに対する情熱と、パッションがいくらあってもお金に結びつかない=自分が捧げてきた時間と労力は無駄だった、と考えてしまった事でした。その時に同じスポーツをやっていた前の旦那とお付き合い・結婚しましたが、2年で破局。私は、日本人女性が結婚するために必要な出会いや、出会いがある場所に行くことなく20代を過ごし、30代前に離婚してしまった、ルーザーでした。今、私が自信を負け犬と思うかですが、そうでもないのです。若いころに色々な経験をした事で今の自分がありますし、ボトムを経験したことは人に対する共感力が培われました。語学力やダイバーシティへの順応性などもそうです。離婚後はとても荒れて、もう二度と男性とお付き合いはしない、などと思っていましたが、時間が解決する、というのは本当で、ディーに出会い、全然その気ではありませんでしたが、恋に落ちました。今考えると、離婚から5年かかりました。

お付き合いを始めると、ゴールを設定したくなります。私にとってのゴールは結婚で、またスタートでもあります。一度目は失敗したので、今回は必ずうまくいかせたい、と思っています。では今お付き合いしている彼が結婚する気にならなかったら、どうするか、ですが、即効性のある方法はないと思います。話し合うことです、必要であれば何度でも。

私が彼に結婚を決めさせた秘訣としては、といっても裏技は何もありませんが、とても地道に努力しました。箇条書きにしていきたいと思います。

①楽しませる。彼が自分を楽しませるべきと思わない、必要であればピエロになる。ユーモアを忘れない、彼が笑うトピックを忘れずに、それを応用して次回も笑わせるように努力する

②料理を作る。まず自分が健康で楽しめる料理を。でも彼が食べられないものは作らない。彼が好きなものを優先して作ってあげる。自分は外で食べたり朝昼に一人で食べてもいいので。胃袋をつかむのは大事です。この子と一緒にいたら家で美味しいものが食べれるというマインドを植え付けましょう

③彼にお金を使わせない。特にイギリス人には効果的です。ねだらない、必要なものは自分で買う=仕事をもつ、自立する。外国の人は自立した女性が好きです。

④自分の時間を持ち、彼を一人にする時間を作る。一緒にいるときは、しっかりとコミュニケーションをとり、甘えるようにする。また、彼が甘えれる環境を作ってあげる。男性はいつまでたっても赤ちゃんです。

⑤一緒にいる時間の中で特別な思い出を作る。一緒に旅行に行く。もしすでに付き合っていたら、半額までいかなくとも自分の分は少しでもコントリビュートする。彼はきっと感謝するはずです。また、全額自分が払うのでなければ、彼も次回のホリデーに誘いやすいのです。

⑥必要以上に彼の過去を詮索しない。ある程度は必要です、自分を守るために。でもお付き合いが始まり、関係がソリッドになってきたら、過去より今の自分たちにフォーカスする。事あるごとに過去を持ち出して彼を攻撃しない。

⑦自分が言いたいことは言う。もっとアテンションがほしい、あなたテレビ見すぎ、外食少なすぎ、もっと会話したい、素直に言います。複雑なことが素敵に言える語学力があれば問題ないんですが、ネイティブじゃない限り、小難しく考えても、努力して話しても、伝わらないことがあります。keep it simple。思った時に、怒らず淡々と伝えるのです。

⑧結婚したいと、言う。それが私の家族や日本人のアイデンティティーにとって大事だから。彼が難色を示したら、何が彼をそうさせているか、知る努力をする、ここは会話力です。プッシュしない、コンサルタントになった気分で、なぜ、どんなファクトが彼を動かしているか考えます。

⑨妥協策を提案する。もし彼が(うちの場合、ケチなので)結婚式やパーティにかけるお金を出し渋っていたら、結婚式は諦める。一番大事なことを決める。結婚することか、その人と一緒だという事を証明することか。彼ができるぎりぎりのところを図り、無理強いしない。

ここら辺が私のとった行動です。外国の男性は、日本人と全く違います。自立して魅力的になることは、外国人パートナーを持つ第一歩です。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up