イギリス人彼氏と日本でステキなクリスマスを過ごす方法

イギリスではどんなクリスマスを過ごすのか?

どんな食事をとって、プレゼントは何を渡すの?

実際に同棲してみないとわからない、リアルなイギリス流クリスマスの実態を今回は書きたいと思います。ですが、沖縄の生活と北海道の生活が違うように、地域によってかなりの差がありますので、参考程度にして頂けると幸いです。因みに私の彼(イギリス人)はサセックス地域の出身で、位置的にはロンドンの右下です。彼の家庭は中流階級(もしくはそれより下)で、チェルシー出身などのいわゆるポッシュ(posh)な人たちとは大違いです。お金持ちか労働階級かで、その人が育ったバックグラウンドもかなり変わるので、注意しないといけません。

イギリスでは、クリスマスは家族で過ごします。クリスマスイブはパブにお酒を飲みに行ったり、デートをしたり、その個人によるみたいですが、パーティに出かけたりディナーを外で食べるのもよくあるクリスマスイブだそうです。ではクリスマス当日の流れを追っていきましょう。

クリスマス当日のやること

  1. ストッキングからはじまる
  2. クッキーを置いておく!?
  3. ツリーの近くにあるプレゼントを開封
  4. クリスマスディナー
  5. カードゲーム

よく日本でも見る真っ赤なサンタの靴下ですが、あれはストッキングというそうで(笑)、その靴下の中に小さなプレゼントを入れておきます。本番のプレゼントはクリスマスツリーの下に並べてあるので、通常お菓子やキャンディーなど、プレ・プレゼントが入っているそうです。去年のクリスマスは、うちの家でも彼がストッキングにお菓子を入れていて、ソファの上にちょこんと置いてありました。このストッキングでクリスマス気分を盛り上げるのです。

その後はリビングやダイニング(ツリーが置いてあるところ)に行きますが、ツリーの下かもしくは目につくところ(机の上とか)にビスケット(クッキー)を二枚ほど並べておいて、それがかじってあると、サンタクロースが来たという証拠になり、子供たちはとっても喜ぶんだそうです。

子供でなくとも、もしあなたの彼氏や未来のパートナーになる人がイギリス人だったとしたら、クッキーを用意しておいたり、赤い靴下に彼の好きなお菓子を忍ばせて、ベッドの横にこっそり置いておく、こんなサプライズはきっと喜ばれると思います。

クリスマスの靴下を開けた後は、本番のプレゼントをみんなで開封します。これは誰でも一番楽しみにしているイベントだそうです。私も一度、お友達の家にお邪魔したことがありますが、子供たちが、自分はこんな大きいプレゼントを貰った、などと競い合いしていて、とても和ましい雰囲気でした。誰でも、いくつになっても、プレゼントを開けるのは楽しみですよね。

クリスマスディナーの定番はやはりターキー

ではディナーは何を食べるかと言うと、メインでは圧倒的にターキーが多いそうです。あとはコールドミートと言われる、ハム類ですね。生ハムを買ってきたり、厚切りハムを用意したり、その家庭で出てくるものは違うそうです。また、ヨークシャープディングは必ず出てくるメニューで、サイドディッシュとして食べられますが、ローストポテトやニンジンのグラッセなどもお肉の付け合わせとしてよく出るそうです。クリスマスプディングはデザートに食べられますが、みんな大して好きではないそうです。家庭で手作りするのはとても稀で、ほとんどスーパーから買ってきますが、大きいと余るし、みんな食べないので最近は小さいサイズが人気なんだそうです。でもないと寂しいし、クリスマスの気分にならないのだと。日本人にとっての正月に鏡餅、みたいなもんでしょうかね。

クリスマスプディング以外のデザートとしては、トライフルが人気なんだそうです。ビスケットを浸して作ったり、スポンジケーキを挟んだり、かなり応用の利くデザートですが、トライフルといえばやっぱりイチゴ!だそうです。フレッシュの苺の必要はなく、ジャムを挟んだり、ジェリーシートを挟んだり、イチゴのゼリーをスポンジの真ん中に!?と思ってしまいますが、私の彼も苺味のスイーツがやはり好きです。ショートケーキよりも、なにこれ?って感じのジャムが真ん中にのっているクッキーや、ホイップクリームとイチゴジャムの組み合わせのコッペパンみたいなものもすごく好きです。日本でいうショートケーキは、イギリスではエリザベスケーキと呼ばれたりするそうですが、イギリス人が好きなケーキを見たら、きっと『え…』って思うと思います。日本のケーキはとても発展していて、おいしくておしゃれなものばかりなので…

彼のために彼が喜ぶクリスマスのプランを

ディナーの後は、家族でトランプをするそうです。何の遊びかは特に決まっておらず、ポーカーをやったり、家によって好きなゲームが違うようなので、一緒に過ごすお相手に聞いて、カードゲームする?と誘ってもいいかもしれません。

私は2回のクリスマスと正月をニュージーランドで過ごしましたが、やはり日本が恋しくなりました。特別なイベントがあると、故郷を思い出すものです。相手が実家を思い出して寂しくならない様に、日本でも特別なクリスマスを演じてあげると、きっと喜ぶと思います。

まだ彼氏彼女の関係になっていない方は、豪華なプレゼントではなく、心のこもった小さなクリスマスギフトをイギリス人の相手に用意してみてください。その際にクリスマスカードは必須です。私の彼も、バレンタイン・誕生日・クリスマスと何かあるごとにカードを送ってくれます。将来のパートナーに印象付けるためにも、イギリス風のクリスマスを計画して、彼をimpressしてみましょう。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up