ソウルグルメ|l’escape HOTEL|苺アフタヌーンティー

外人ママ友がアフタヌーンティーに行きたい!と言うので、便乗して行ってきました。昔自分で仕事をして、お給料が出ていた時は、たまに贅沢しようとアフタヌーンティーに行ったりしました。なんだか会社での女子会といえば、ホテルでの高級アフタヌーンティーのイメージがあって、シングルで働いていた時が懐かしくなりました。名前も全く知らないホテルだったのですが、ホテルの外観が妙にウェスタンチックでびっくり。

レストランに着くと、なんだか幻想的な雰囲気でうっとりしました。すごく高級では無いんだけれど、韓国っぽさは無くて、とても外国っぽくて、不思議なんです。椅子も重厚感あり。

お客さんいない…

ケーキのショーケースが美味しそうでした。スイーツに力を入れているみたいです。

今回はアフタヌーンティーのセットを頼みました。セットの内容はこんな感じ。

飲み物はアメリカンか紅茶が選べます。ルイボスティーもあって、私はブルーベリールイボスを頼みました。このお茶がとっても美味しかった!

二段のアフタヌーンティーセット。
30000ウォンなり

下の段は、苺と抹茶のソルベ、苺サラダ、スコーン用のジャムとクリーム、苺のクレームブリュレ。

ブリュレはカリカリでは無く苺チョコがのっていました。
下の段はソルベが一番美味しかったかな

上の段は、苺サンドとアボカドサンド、フィナンシェ・マドレーヌ、スコーンとルビームースと、ちょっとのフルーツです。

シュトーレンマドレーヌが一番美味しかった。
フルーツはショボかった

3万ウォンで、お給料前で、この贅沢はしていいのか、ちょっと悩みましたが。一緒に行ったママ達は、みんなうちの旦那と同じ職場なので、きっとお給料もそんなに変わらないと思うのですが、お掃除のお手伝いさんがいたり、旦那さんが食事作ってくれたり、赤ちゃんの面倒もっと見てくれたり、ウチよりよっぽどよくやっている様に感じました。隣の芝生は青いなんですが…。なので、外部や親のサポートを一切受けずにここまでやってきたんだから、私に給料払ってくれよぐらいに思えてきて、これぐらいの贅沢をしてもバチは当たらないだろうと、そんな結論に至りました。ちょっと奮発したい女子会にお勧めです。