子育てって孤独

うつ

今年の年始に日本の実家から中国に戻って、コロナの最中に北京で出産して、あっと言う間に世界がコロナになってしまって、そのまま中国から抜け出せなくなり、やっとの思いで中国を脱出したのはいいものの、韓国に引っ越す前に日本に帰ることは出来ませんでした。私の両親はまだ娘に会えていなくて、写真を送ったりfacetimeをしたりはしても、実際に会えないのは悲しく、私自身も母親が恋しく、自分が母になってからこそ、もっと母親に感謝する気持ちが生まれ、会いたいとも思うようになりました。

特に子育てでつまづいた時、そんなのしょっちゅうですが、誰かそばにいてくれて、他愛もない事を話せて、例えば歯が生えてきたとか、そのせいでぐずぐずして仕方ないとか、滑稽な仕草をしていたから可愛いとか、そんな事を、その場でシェアできる誰か、できれば家族や友人、できれば共感しやすい女性がいい、私は姉妹がいないし、ソウルにまだ友達はいないので、必然的に母親、がとっても恋しくなりそばにいて欲しいとたまに強く思うのです。

そんな思いを本人に伝えても意味はないのですが、とりあえず私がお母さんを恋しがっているのだと、本人に分かってもらうのは良いことかなと、母さんに会いたいですとメールをしたら、側にいれないのが悔しいです、と返事が来ました。

それから、子育ては孤独なものよ、と。だから世の中のママさんたちは、群れて集まるのよと。その言葉を1日考えていました。

今日は娘が朝からワンワン泣いていて、少し離れるとワンワン、椅子においてもワンワン、離乳食を食べさせてもワンワン、哺乳瓶をくわえさせてもワンワン、とにかく、よく泣いて。私も疲れ果てました。抱っこして、あやして、おっぱいをあげればご機嫌ですが、直接の授乳ではお腹いっぱいに飲めない為、やはり搾乳が必要で、搾乳でしっかり母乳をストックして、それを哺乳瓶であげないと、今度はお腹が空いたと泣くので、じゃあどうやって搾乳する時間を確保しながらあやして授乳すれば良いんだろうと、本当に時間のやりくりが出来なくて、フライパンで温めるチヂミでさえまともに食べれなくて、娘と一緒にマットの上で転がりながら、髪の毛を抜かれたり、叩かれたり、膝をかじられたり、変えたばかりのTシャツに吐かれたり、自分で吐いたものを手でマットに塗りたくっている手を拭いたりマットを拭いたり、そしたら違う場所で吐いていてそこをおっかけたり。とにかく、汚くて。女の子なのに、なんでこんな怪獣みたいなんだろう。吐いてばかりで、ミルク臭いし、私も吐き戻しを浴びて臭いし、ベタベタして、ぬいぐるみやおもちゃはよだれでベっとべと。何かを洗ったら他のものが汚れていって、一生綺麗になることは無いような、そんな追っかけっこをしている気分になり、とても落ち込みました。気晴らしに外に散歩に行って、すれ違った若い人の香水の匂いがとてもいい香りで、すっかり忘れていた何かを垣間見たような気がしました。今は赤ちゃん王国の奴隷で、最後にいい匂いでいたのはいつだっけかな。今は頭さえもたまにしか洗っていない。

こんなこと、世の中の母親は、なんの疑問もなくやってんのかなと、こんな暮らししてて、みんな正気でいられるのかなと、なんで辛いってみんな言わないんだろうって、みんなの子はもっと扱いやすいのかな、うちだけ、強烈なのかな、ってすごく思います。私の状況だけ、特殊で大変なのかな、それとも、みんな大変だけど、言わないだけなのかな。

インスタで写真を見ると、みなさん楽しそうに育児しています。ママの知り合いに子育て大変だよねって言うと、そうだねとは言うけど、私みたいに愚痴は言わない。みんなあんまり大変だと思ってないのかな。

夫の帰りが遅くなって、帰ってきたときには私は床で泣いていました。なんだか、疲れてしまったのです。色々です。掃除したいけど、ちゃんと出来ないとか。まだ、船便の荷物が整理できてないとか、ネットショッピングで済ませたいのに、新しく引っ越して来たせいで、入会の手続きが出来てなくて、重い娘を抱いて坂道登りながら買い物するのがきついとか。抱っこ紐が骨盤に食い込みすぎて痛いとか、首が引きちぎれそうとか。夫は育児は手伝うけれど、あやす、と言う定義が無いようで、ただ抱っこしてテレビを一緒に見て、娘が寝落ちしたらベッドに置くとか、そのテレビの内容が犯罪ものとか殺人とか深刻なやつばかりで、娘の心情や脳に影響しないか心配してるのに、寝てるから大丈夫とあしらわれてしまうこととか、夫の娘や私への愛情表現が下手すぎて、そんなんで0歳の子がパパに愛されてるって感じるかよって突っ込みたくなるけど、そんなこと構ってられないくらいおっぱいが腫れてしまって、とにかく搾乳したくて見て見ぬ振りしてる自分が情けなかったりとか。でも、母乳は必要なので、とにかく搾乳に時間を取られていて、直接授乳出来たらなんと楽なのに、と思うけど娘の正常な体重増加のためにも搾乳のが管理しやすいという事実の歯痒さとか。

おっぱいが出にくくなってきたのに、体重は減らなくなったとか、大家さんがしょっちゅう来て、家の修繕をしてくれるけど、百均で買ってきた材料で手直しするから雑だしまた故障して腹が立つとか、不動産の仲介業者が大家さんとの間に入ってくれたけど、全然味方にならないどころか、言い訳ばかりで全く修繕しないけれど、年上の女性でどう丁寧に対応すればいいかわからなくなって、めんどくさいとか、夫にメールしてもまともに返事くれない、夫がメール読まない、とか。

そんな、小さなイライラや不満や、寂しさや、憤りが、たまって、涙になって出てきました。娘は、心配そうに見ていました。

寝かしつけは普段私の仕事ですが、とにかく気分が乗らなかったのと、搾乳をしたかったので、夫に任せて、搾乳が終わったら、夜の街に散歩に行きました。

一時間歩いて、帰ってきたら、娘はリビングのソファに寝ていて、夫は床に転がってテレビを見ていました。

寝なかったら、抱っこしたり、歩いたり、歌をそっと歌ったり、静かな音楽をかけたり、本を読んだり、優しくさすったり、抱っこして一緒に寝たり、やれることは沢山あるのに、基本寝るまで放置する、その育児のスタイルに、イラッとしました。子育てに正解はないので、それでいいのかもしれないけれど、私には彼が楽しているようにしか見えなくて

すごくモヤモヤして、母さんに話したり、友達に話したりしたいけれど、私は一人でソウルにいて、次日本に帰れるのは、いつになるのか、正直わかりません。

コロナのせいで、本当にできることが出来なくなって、悔しいし、悲しいし、誰かとシェア出来ない寂しさは、子育てを楽にすることはないです。

今日ですが、自分の誕生日で、でも予定は窓の修繕の人がお昼に来るって。誕生日くらい美味しいもの食べたかったのに、パンじゃなくてランチしようかなと、楽しみに検索してたのに。また家かよ、また修理かよ。腹が立つと言うより、私はここで何をしているんだろうと、思ってしまうのです。でも娘は、何も分からず機嫌の悪いママに当惑するだろうから、優しくできるように精一杯頑張ります。

Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました