ソウルグルメ|漢南洞|メイベルベーカリー

イテウォンとハンナムの間に位置するベーカリーで、いつも人でいっぱいです。週末は開店前に並んでいて、そんなに美味しいのかなぁと、気になっていました。お昼時はレジが並ぶので、開店の少し後、12時の前に行くと割と買い物がしやすいです。韓国によくある店舗形態、階段があり店内が狭い為、ベビーカーは入れません。

こちらは惣菜パンや甘いパンというより、ハード系が多くて、シンプルでサンドイッチに合いそうなパンが並びます。開店30分後に行っても売り切れてしまう商品もあって、その人気の高さが感じられます。

店頭、日本人には五月の鐘と呼ばれてます

韓国語が読めなくて、何が入ってるのか分からないのが残念です。いつもギャンブルで、たまにハズレもあります。お気に入りはくるみとクリームチーズで、見かけは良かったのにいまいちだったのは、オニオンチーズでした。

スイーツはレジ横のクッキーだけです。生ケーキは売っていません。

何がそんなに人気なのかというと、お値段がお手頃です。ソウルの物価は高く、ケーキやコーヒーで500-800円する場所なので、パンひとつが1500ウォンから2000ウォンくらいで買える場所はなかなかありません。かつ、中に入っている餡が大量で、お得感があるのが理由だと思います。私の好きなくるみクリームチーズも、ぎっしりとチーズが入っていて、見た目は小さいけれど、一個食べればかなり満足します。

コスパが良く、味も良い、メイベルベーカリー。東京だったら激戦区の美味しくてオシャレなベーカリーには敵わないけれど、ソウルには実力派のベーカリーがあまりないので、こちらが重宝してます。

Scroll Up