中国人民元安、宅配両替各社比較、一番レートが良い・手数料が安い会社はどこ?

人民元が安い!今が両替のチャンス!マネパや新生銀行のGAICA、LINE Pay外貨両替などありますが、どの両替方法が一番お得なんでしょうか?

マネパは締め切りが決まっていて、最短で4日かかります。受け取りは早くて申し込んだ週の金曜日から。今回は旦那に頼まれてから出発まで4日なので、ぎりぎりすぎて間に合いません。新生銀行のGAICAは、持っていますがフレックス付でないので、現地通貨にマルチマネー口座として変更しても、外貨のまま外国で引き出しができません。また、新生銀行の外貨レートはそんなに素晴らしくありませんでした。今回は除外しました。

LINE Pay外貨両替

powered by SBJ銀行です。ラインpayより外貨両替のアイコン→送り先など必要事項の入力→通貨及び金額の部分でレートがはじめてわかります。「XE Converter」はよく使う為替ツールですが、XE Converter上では40000円が2468元でした。ラインペイでは2400元が40908円です。手数料優遇されてこの値段でちょっと納得いきません。

外貨両替ドルユーロ

日曜や祝日も注文でき、手数料百円オフのクーポンもネットで見つけました。気になるのは配送までの期間と短期で手元まで届くか。13時までに振り込めば当日配送で1~2日で着くとあります。これはよさそうです。しかしドルユーロで注文した後に週末に一段と中国元が落ちました。注文時は銀行振り込みの送料込みで2400元=40284円。そのあと元安で調べると500円以上違うようです。しかしドルユーロは週末のレートは金曜日のままです。今回は円高なので損してしまうケースです。キャンセルは基本的にできないよう。しかしメールを見ると、2回レートが更新された時点で自動的にキャンセルになる、とあります。

どういうことなんでしょうか?自分でのキャンセルは不可だが、レート更新を待って更新が二回されたらキャンセル料なしでなかったことになるのでしょうか。日曜日に注文してしまったので、翌日平日の11時までのデッドラインを待ちます。まだ円高、支払う金額は安くなってこちらにお得なようにレートが更新されました。

Exchangers

送料は500円ですが、レートが良く、円高が進んだのでかなりいいディールがでました。2400元が39812円です。これに決定しました。イエローのパンチの効いたカラーのプラットフォームはユーザーフレンドリーに作られています。注文までスムーズ。でも早く受け取るためのコツなどはドルユーロさんから学びました。郵便局留めにすると早く届くようです。ただ、いつ届いたかはわからないので、自身で追跡番号と共にトラッキングが必要です。

Exchangersを使った感想。

翌々日の朝には近くの郵便局に届いており、身分証をもって行くと書留をすんなり受け取れました。とてもスムーズ。パッケージも内容も問題なく、人民元札もとても綺麗でした。十年前はこんなサービス画期的過ぎて普及してなかったのにな。次回も全て比較すると思いますが、レートが問題なければまた選びたいなと思いました。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up