イギリス人がよく使うshit

うちの旦那はshitをめちゃくちゃ使います。10単語に一回ぐらい言います。私も彼の英語を聞いて生活するので、言葉は汚くなり、スラングをたくさん使うようになりました。

その中でもshitは比較的軽い(そんなことないんですが…特にアメリカ英語では)というか言い易い汚い言葉なので、どんな風に使うか書いていきたいと思います。

言葉の通りう○この意味

はい、そのままです。使うケースは、漏らした時(衝撃)か、これからトイレ行って大しますわ、という時。

『I’m going to shit.』わざわざ言いたい場合、男が使う言葉です。レィディースはあまり…『I shit my pants.』これはめったに使わない。ほんとに漏らした時、しかも言わない事のが多いでしょう…『I gotta talk to XXXX, I’m gonna shit myself…』上司にまずいことを報告しなければならない状況で、びびってるわ、もしくはびびってもらしそうだわ、という場合。

まじ?うそでしょ?的なあいづちとして

NZにいた時ですが、語学学校の先生がアジア人好きで、うちに遊びにおいでよと誘われました。その時一緒に住んでいたマオリ系のニュージーランド人のフラットメイトが、そのことを言うと普通に『shit!』と言いました。女の子が言ったのは初めて聞いたのでびっくりしましたが、体育会系の子や、生まれや育ちが超ハイクラスでない場合、女の子でもたまに使います。あくまでも、個人の感覚によりますので、素敵で可愛らしい女の子になりたいなら、shitは使わなくていいと思います。彼はよく、日本人でいう『えー⁉』の場面の代用として使います。例えば、今日会社で上司に怒鳴られて泣いた、というと、shit!と嫌そうにいいます。あなたがクソ野郎という意味ではなく、同情の意味をこめたshitなのです。

本来の意味をほとんど持たないshit=things

例えば彼がよく言う言葉で『management don’t give a shit』があります。これは言い方はあまり綺麗ではないですが、よく使われるタームで、「気にしない・気にかけない」という意味合いがあります。でもほとんどがネガティブな意味合いなので、例えば紅茶にしますかコーヒーにしますか?と聞かれて『I don’t give a shit!』なんて言ったら大変失礼です。ある意味面白いけど、ケンカをするつもりでないならshitの多用は控えましょう。

『I need to get that shit.』もちろん、う○こを取りに行かなきゃいけないわけではないです。彼は、自分の好きなおやつを買いに行く時とかに使います。shitそのものはいみをなさないんですね、アレ、アイツみたいなものをあえてshitにおきかえるわけです。この言い方は下品なので私はあんまり使いません。ふつうにthingでいいと思うからです。

ちょっと悪い意味をもつshit

『we are gonna cause some shits!!』彼が職場で大きな問題を明るみに出そうとしているときに言いました。この言い方はちょっと面白いのでありだと思います。

かなり悪い意味の要注意shit

『a piece of shit』ゴミみたいな奴、くそやろーの意味です。本当に怒っているとき、本当相手が悪い時に使います。

ゴミ、に近い意味のshit

彼がクリスマスに、キディランドで大量のキャラクター製品を買い、自分の娘たちにプレゼントとして国際郵便で送りました。その時に、箱に詰まったものを見て、『a box of shit』を送らなきゃいけないな、と言いました。彼にとって価値にあるものでないので、悪意を持ってゴミ、と言っているわけではないのですが、ここでもshitは出てくるわけです。

それヒドイ、の意味のshit

例えば同僚が買った新しいスポーツウエアが少しシャイニーでゲイっぽい、なんて時に、彼の場合、『that is shit!』と言います。でも同じ『that’s shit』でも、言い方が明るく上向きに終わる口調だと、それ超クールの意味に代わります。shitは最高の意味でも使われるのです。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up