Stay or leave

やっと国慶節が終わり、夫が出勤し平穏が戻りました。いくら稼いで喰わしてくれるとはいえ、休み中に家で一日中テレビを見られるのはたまりません。趣味があって週末外出ばかりする男と、家にずっといる男と、どっちがいいのでしょうか。私は快適な状況に保った家に居るのが好きなので、汚してトドのように転がっているイギリス人を、なんとかしたいと常に思います。でも、なかなか一人で出掛てくれません。出掛けるなら大体一緒。ベタベタした関係じゃないのに、なんで一緒に行動したがるんだろう。

夫の会社は3年の雇用契約で、もちろん希望すれば期間延長は可能ですが、北京という場所柄、高給目当てか役職目当ての人が多いので、数年我慢しておさらばというケースが殆どです。

今年2年目なので、本来なら来年までですが、私の中国嫌いと、彼自身も好きでいる訳では無いので、引越し費用が3年いなくても会社負担になりそうだから、来年はやめようかと、ずっと話し合っています。

私個人の北京ライフは、昨年に比べずっと快適になりましたが、それでも中国に居ることに変わりはありませんし、この国から抜け出れるなら何でもして欲しい、というのが本音です。

最近フィリピン人の友だちが、彼女の旦那さん(こちらのお宅もイギリス人夫)と口論になったという話を聞いて、ウンウンと納得してしまったのですが…

彼ら駐在員は、職場では英語の話せる人達に囲まれていて、中国とは程遠い環境で仕事をしています。

英語がビジネスレベルで話せる中国人は稀です。海外に留学していた人か、単に遊びで留学したレベルではイギリス系外資で働けないので、大学卒でハイレベルな英語教育を受けたエリート(金持ち)中国人です。そんな彼らはお行儀も良く、お腹を出して歩いたり、そこら辺に痰を吐く事もないのです。

日本で例に出して言えば、帰国子女しか働いていないインターナショナルなオフィスで働いているようなものです。そんな環境では、リアルなチャイナは味わえません。

ウチの旦那に限っては、節約家でタクシーをあまり使わないなど、ローカルと混じる機会がたまにあるので、公共交通機関を使う時にまさにそのタチの悪さを思い知るのですが、友達の旦那さんは、今回初めて長い連休を家で過ごして、ローカルを目にする機会が多かったので、やっと中国の洗礼を受けたと言います。

フィリピン人の彼女は中国語を話さないので、近所での買い物や、雑務をこなす時に、とっても苦労すると旦那さんに言い続けていましたが、彼はいい環境にいるので、まあまあそんな悪くもないよ中国はと、共感するどころか彼女がオーバーリアクションをしていると言ってしまい、お前私が普段どんだけ苦労してるのか分かってんのかよ、と切れたそうです。

去年我が家でも全く同じことが起こりました。ディーも中国はそんなに酷くない、あなたが日本から来て日本と比較してるから、好きになれないんだ、と説教たれました。本気で腹が立ちましたね、あの時は。まぁ私が帰国して別居した際に、水道光熱費の支払いやスーパーで嫌な思いをしたらしく、仕事以外ほとんど家を出なかったそうですが。

所謂駐在員さんや、その奥様達は、ドライバー付きの邸宅に住んで、メイドさんが家事をやって、食事は高級な外食で済ます、なんて人ばかりです。でも私は、夫は普通の会社員で、待遇は海外引越しや飛行機代、一部の外食費用のみで、お手伝いさんもいなく、自分で家事を全部して、近所のスーパーでの買い物や彼が出来ない中国語対応もします。

嫌な物の窓口は全て私なんです。

でも普通の日本人の駐在妻だったら、世話役の人が居たり、専門のサービスがあり、サポートするコミュニティがしっかりしていて、こんなに大変な思いはしないで済む筈です。なので、北京で長く住んでいる日本人の方に会うと、え何でそんな長くいれんの?と驚きますが、私のようなクラスの生活をしていて長続きする人は珍しいと思います。

中国で生き延びるには、強くならないといけなくて、それは口調や態度も全てに及びます。丁寧に優しく話しかけても、物事は進まないし、逆に外国人とバレて騙されるかもしれません。自分がどんどん嫌な人間になっていく気がします。中国にいると、中国人がなぜうるさくて自己中心的なキャラクターなのか(もちろん人によりますが)分かる気がします。そうじゃないとやっていけないんです。

そんな国に長居すると、性格が変わってしまう気がします。なので来年で契約は終了して、違う国か日本に帰れるように、旦那に転職活動を頑張ってもらいます。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up