中国の妊婦

国によって妊娠中のやる事やってはいけない事が違ったり、過ごし方や病院からの指導が微妙に異なったりします。

中国の妊婦は比較的大きく育てる雰囲気があります。体重指導はほぼされません。なので妊娠初期からかなり太る人が結構います。臨月か?と思うぐらい大きいお腹を抱えている人も多いです。

妊娠中の運動は主にウォーキング。これは世界共通です。大気汚染が酷くない日には、午後になるとマンションの敷地内をヨチヨチ歩く妊婦がたくさんいます。

私は現在妊娠中期で、今まで順調に進んできた訳でもないので、妊娠中の必要なものは出来るだけ買わないようにして中国に来ました。6か月に入り、お腹が突然出っ張りはじめて、これはマズイと追加で買ったものがありますので紹介します。

①妊婦用パンツ 太って日本で履いてたのがみるみる着れなくなりました。写真は私が買ったものではありませんが、柄が面白いので載せてみました。中国のパンツはど真ん中にフルーツが描いてあるのが多い…恥ずかしくて嫌です。あと、脚の付け根が異常に小さい作りで、股関節に食い込んで苦しくてダメです。中国の大きい妊婦達はいったいどう着ているんだろう。パンツは日本か国際ブランドを買うべし。

②授乳、妊婦兼用ブラ。上からも横からも開きますよーという写真。私は貧乳で普段Aカップも無いくらいですが、妊娠してからでかくなり、アンダーがきつくてブラトップが苦しくなりました。中国で追加で購入した授乳ブラは安くて優秀で、とっても使い勝手が良いです。二枚セットで1000円くらい。これは”買い”でした。

③妊婦用枕。中国では妊娠中に巨大な枕に囲まれて寝るのが普通です。上の写真は私が購入したもので、日本円で三千円弱でしたが、実際に到着したのはこんな大きくなく、オリに囲まれて寝る様な窮屈な感じになり、仕方なく分解して使ってます。頭を置く部分はまともな枕のが気持ちがいいです。なので次回買うなら、腰だけ支えるタイプにしようかな。

また、中国のネットショッピングで気づくのは、モデルさんが異常に細く、びっくりするぐらいスレンダーな女の子の写真が使われています。加工してるんでしょうけど、リアルじゃないです。そりゃあ細くて綺麗な妊婦が良いですけどね…

真ん中に火の玉が載ってるのが謎

④妊婦用パンツ。これも失敗した例です。私が購入したのはジーンズ型ですが、縫製が粗く、ポケットが左右均等でなく、むかつきました。縫ってる時に何考えたんだコイツは?と思ってしまいます。きっと、めんどくせーな、ズレちゃったけど終わったからいーや、出しちゃえって感じです。お値段はたったの50元。しかし、価値はないです。ズボン自体も硬くて皮膚が擦れるし、お腹のバンド部分はブカブカだぶだぶで有る意味なし。H&Mで買いましょう。

⑤妊婦帯。日本の様なベルトタイプはあまりありません。一番売れてるのが背中から背負うタイプ。妊娠後期用なのかな?ちょっと大袈裟だからまだ購入してません。こちらも3000-5000円くらい。

また、中国には坐月子(ズオユェズ)という文化があり、産後1か月はベッドの上で過ごす、というエキストリームな体験をする中国女子もいます。風に当たってはいけない、シャワーを浴びてはいけない、歯磨きをしてはいけない、などとやってはいけない事がたくさんあり、そのために新生児をお手伝いさんに丸投げするサービスがあります。月嫂(ユエサオ)と呼ばれる特別なメイドおばちゃんは、住み込み24時間体制で、赤ちゃんとママのお世話をしてくれます。旦那の面倒は見ないらしい。

この中国独特の産後の過ごし方は、今でも根強い人気があり、病院で坐月子をする人や月子会所といって、月子と呼ばれる産後1か月を特別な回復センターで過ごす人もいます。目が飛び出るくらい高い産後回復センター、病院に付属しているものでひと月150万、ペニンシュラホテルのスイートに滞在するプランはなんと日本円で600万超えです。

ペニンシュラホテルに滞在する女王プラン
28日、食事付き
スイート、165平米

まあそこまでする人は稀でしょうが、家にユエサオを雇って家事育児を頼む人はかなりいます。ユエサオも安くないです。住んでもらって食費も払い、安くて15万円から。高級ユエサオになるとひと月40万くらいします。そこまでするのが中国。中国女性たちは男性に大事にされているのです。

ユエサオは資格を持ったおばちゃんで、新生児を扱う勉強とトレーニングをして配属されるプロです。

ユエサオはこんな感じ
パジャマを着るらしい
産後の特別な料理
豚足スープが中国らしい
首無しのチキンがお湯に浸かってて怖い
まさにザ中華なメニュー
カボチャにナツメとか身体に良さそう
真っ赤なレンコンはなぜ?
オクラも中国ではよく食べられています
餃子や肉まん
紫芋も人気の食材

私が雇うかと言うとノーですが、こういう文化が日本にも定着してたら、産後の女性の負担は軽くなるかなぁとも思う私です。

ブログランキング参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up